Acronis International GmbH.

Acronis Snap Deploy® 4

ハードディスクドライブ全体のイメージファイルを作成し
複数のコンピュータに一斉に配置する
時間短縮とコストパフォーマンスに優れたソリューション

ワークステーション用
¥ 3,400 から

サーバ用
¥ 13,800 から

Acronis Snap Deploy 4 なら...

  • 新しい PC やサーバに素早く標準構成をセットアップ
  • マスターイメージを再配置し、簡単に PC やサーバを元の状態に復元
  • 研究室や大学、トレーニングセンターなどのコンピュータに手動または特定のスケジュールでイメージの再配布を実行

管理者はマルチキャストプロトコルとユニキャストプロトコルを利用して新しいコンピュータにイメージを配布することができるので、高い柔軟性を保持しながら実装コストの削減が実現されます。

全機能はこちら

人気のリソース

一度で簡単にネットワーク全体への配置を実現

学校、民間企業、あるいは政府機関など、いずれの組織においても、事業や業務の拡大による新規コンピュータの導入やリプレイス、組織変更に伴うコンピュータの移動、最新オペレーティングシステムやアプリケーションの導入への対応など、最適な環境を維持するためには、多大な手間と時間が必要です。そこで、必要な機能をすべて備えながらも、シンプルで使いやすいアクロニスのソリューションを使用することで、オペレーティングシステムやすべてのアプリケーションを含むハードディスクドライブ全体のイメージファイルを素早く簡単に、ノート PC やデスクトップ、サーバに配置したり、これらのイメージを再度作成することができ、システム管理者の時間やコストが大幅に削減されます。これが、Acronis Snap Deploy 4 です。

Acronis Snap Deploy 4 には、高い評価を受けているアクロニスのディスクイメージング技術が採用され、標準となる構成の正確なディスクイメージ(オペレーティングシステム、設定ファイル、すべてのアプリケーションを含む)を作成できます。また、そのイメージを複数のシステムに同時に配置できるため、サーバや PC の迅速なベアメタルインストールに最適なソリューションとなります。

PXE
ブータブルメディアまたは PXE サーバからコンピュータを起動
配置先コンピュータ
配置先コンピュータ
配置先コンピュータ
ブータブルメディアの
作成または PXE
サーバの設定
システム管理者
マスターイメージ
Acronis Snap Deploy サーバ
マスターコンピュータ
マスターイメージの配置
Acronis Universal Deploy を使用した異機種への適用

ワークステーション用
¥ 3,400 から

サーバ用
¥ 13,800 から

人気のリソース

新機能

最新版 Acronis Snap Deply 4 は、ユーザーインターフェイスがさらに改良され、インストールと設定が簡素化、また操作性が向上しました。また、新しいハードウェアのサポートや、コンピュータごとに独自の設定を行う機能など、柔軟性の高い新しい配置オプションを活用いただけます。

主な新機能

  • コンピュータまたはサーバへの配置ごとに課金される新しいライセンス体系を導入
  • ユーザーインターフェイスとインストールの改善および簡素化により、時間の節約とエラーのリスクを最小化
  • 各コンピュータの個別設定が可能
  • 各コンピュータの進捗状況やステータスをまとめて表示するコンピュータの一覧(コンピュータは、MAC アドレスを使用して手動で行うか、ファイルからインポートすることで追加可能)
  • Microsoft Virtual Hard Disk(VHD)ファイルから配置を実行
  • 配置用のブータブルメディアに Linux と WinPE のオプションを用意
  • 新しいハードウェアとの互換性を確保するために WinPE メディアにドライバの追加が可能
  • Windows 2008 R2 と Windows 7 を完全サポート

その他、機能詳細

ワークステーション用
¥ 3,400 から

サーバ用
¥ 13,800 から

人気のリソース

主な特長

高度な配布機能
集中管理ポイントから、ネットワーク経由で、マスターイメージ(オペレーティングシステムとアプリケーションを含む)を複数の PC またはサーバに対してマルチキャストを使用して配置します。ネットワークでマルチキャストの使用が制限されている場合は、自動的にユニキャストに切り替えます。
異種ハードウェアへの配置
アドオンの Acronis Universal Deploy® 4 を併せて使用すると、新しいシステムを異種ハードウェアで実行する場合でも、正常な起動が保証され、異なるハードウェアアーキテクチャを持つ PC へのイメージの配置にも対応します。詳細はこちら
柔軟な配置オプション
Acronis Snap Deploy 4 は、手動、自動、ユーザーによる開始、スケジュール設定された配置など、多数のオプションを提供しています。また、Wake-on-LAN を使用すると、配置の準備ができるよう、電源がオフになっているコンピュータを自動的に起動します。さらに、スタンドアロン配置を使用すれば、ネットワークに接続されていないコンピュータへの配置も可能です。詳細はこちら
コンピュータの個別設定
各 PC または各サーバに個別の設定を割り当てることで、それぞれのコンピュータに合った設定を確実に適用できます。今回、新たに追加されたコンピュータの一覧では、各コンピュータが MAC アドレスで識別され、進行状況やステータス、またあらかじめ定義された設定を確認できます。
配置後のカスタマイズ
配置が完了した後、エンドユーザーに最適なカスタマイズを提供し、また、ネットワーク上で固有の名前を割り当てるために、Acronis Snap Deploy 4 で Windows の設定(コンピュータ名、IP 設定、SID など)を簡単に変更できます。詳細はこちら
ニーズに合った起動方法を選択
配置に際し、CD や DVD、フラッシュドライブなどのメディア、またはネットワークブート対応の Acronis PXE サーバから、コンピュータを起動します。Acronis Snap Deploy 4 では、Linux ブータブル環境と WinPE ブータブル環境の 2 つのオプションを提供しています。また、必要なドライバを新しいハードウェア上で確実に機能させるために、WinPE メディアにドライバを追加することもできます。

ワークステーション用
¥ 3,400 から

サーバ用
¥ 13,800 から

人気のリソース

配置オプション

Acronis Snap Deploy 4 では、あらゆるニーズに応えるために、複数の配置モードが用意されており、すべて、集中管理コンソールで遠隔管理できます。

  • 手動または自動配置:手動で配置を開始、あるいは、指定した台数のコンピュータが準備できた時点で自動的に配置を開始するよう設定できます。
  • ユーザーが開始する配置:ユーザーのターゲットコンピュータ側でシステムを選択し、配置を開始できます。
  • スタンドアロン配置:ネットワークに接続されていないシステムの再構成が行えます。
  • スケジュールされた配置:指定された時刻にマスターイメージを配置または再配置できます。この機能は特に、毎晩または毎週末など、決められたメンテナンス時間にコンピュータのイメージを配布する場合に便利です。

また、各配布モードにはさまざまなメリットがあります。

  • 配置テンプレート:配置処理の設定を保存し、他のタスクでも使用できます。
  • マルチキャストとユニキャスト:マルチキャストを選択すると、同時に複数のコンピュータにイメージを配置でき、またサーバの負荷を軽減できます。一方、ユニキャストを選択すると、ネットワークの負荷を低減して、ネットワーク機器との互換性の問題を最小限に抑えられます。
  • Wake-on-LAN (WoL)と WoL プロキシ:コンピュータの電源をリモート操作でオンにできます。WoL プロキシは、Acronis Snap Deploy 4 OS 配置サーバから別のサブネットのターゲットコンピュータを起動できるようにします。
  • 圧縮と分割:マスターイメージを圧縮してディスク容量を節約したり、CD や DVD に保存できるよう、複数のボリュームに分割することができます。
  • 暗号化:Acronis Snap Deploy 4 のコンポーネントは、高いデータセキュリティを提供する業界標準の SSL(Secure Sockets Layer)を介して通信を行います。
  • パスワード保護:不正な配置を防ぐために、マスターイメージをパスワードで保護できます。また、ユーザーが誤って Acronis Snap Deploy 4 のブータブル環境にアクセスしないよう、ブータブル環境で起動するためのパスワードも設定できます。
  • ディスクサイズの変更:ターゲットコンピュータ上のディスクがマスターコンピュータと比較して大きいかまたは小さいかにかかわらず、Acronis Snap Deploy® 4 は、ターゲットコンピュータのディスク容量をすべて占有するよう、ディスクサイズを変更することで、使用可能なディスク容量を効率的に利用できます。
  • ネットワーク帯域幅の制限:最大スループットを指定し、配置の際のネットワーク使用率を制限できます。
  • VHD フォーマットのサポート:Acronis イメージファイル(.tib)と Microsoft Virtual Hard Disk (.vhd)の両方を、配布用のマスターイメージとして使用できます。Acronis Snap Deploy 4 は、Acronis True Image、Acronis Backup & Recovery 10、および Acronis Backup & Recovery 11 で作成されたイメージをサポートします。
  • コマンドラインとスクリプト:WinPE ブータブルメディアに Acronis Snap Deploy 4 コマンドラインユーティリティが組み込まれているので、このユーティリティを使用して、コマンドラインモードでイメージの作成や配置を行ったり、スクリプトを実行することができます。
  • 設定管理:配置完了後、ターゲットコンピュータの名前やドメインメンバーシップといった複数のパラメータを変更して、コンピュータを適切に設定できます。詳細はこちら

ワークステーション用
¥ 3,400 から

サーバ用
¥ 13,800 から

人気のリソース

設定管理

Windows システムの配置や継続的なメンテナンスが簡素化される、配置後のタスクを実行するための便利な設定管理ツールが用意されています。

  • コンピュータの設定を変更:すべてのコンピュータに対して個別の設定を指定、またはワイルドカードを使用して名前を自動的に生成できます。
    • コンピュータ名
    • ドメインやワークグループのメンバシップ
    • TCP/IP プロパティ
    • ユーザーアカウントの追加
    • セキュリティ識別子(SID)の変更
  • ターゲットコンピュータをシャットダウンまたは再起動
  • 新しいファイルをターゲットコンピュータに転送
  • ターゲットコンピュータ上でアプリケーションまたはスクリプトを実行

ワークステーション用
¥ 3,400 から

サーバ用
¥ 13,800 から

人気のリソース

オペレーティングシステム

Acronis Snap Deploy 4 のインストールが
サポートされるオペレーティングシステム:

  • Microsoft® Windows Server® 2012
  • Microsoft® Windows Server® 2008 / 2008 R2
  • Microsoft Windows Small Business Server 2011 Standard
  • Microsoft Windows Server 2003 / 2003 R2
  • Microsoft® Windows® 8
  • Microsoft® Windows® 7
  • Microsoft Windows Vista
  • Microsoft Windows XP

イメージングおよび配置でサポートされる
オペレーティングシステム:

  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows Vista
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows 2000 Professional *
  • Microsoft Windows 98 / ME / NT *
  • Microsoft Windows Small Business Server 2011 Standard
  • Microsoft Windows 2000 Server *
  • Microsoft Windows Server 2003 / 2003 R2
  • Microsoft Windows Server 2008 / 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Linux (カーネル:2.4.9 ~ 2.6.x)*

ストレージ

マスターイメージの保存がサポートされるデバイス(いずれか 1 つ):

  • ローカルフォルダ(HDD)
  • ネットワーク共有
  • リムーバブルストレージデバイス(CD / DVD またはフラッシュドライブなど)

ファイルシステム

  • FAT16 / FAT32
  • NTFS
  • Ext2 / Ext3 / Ext4
  • RaiserFS
  • Raiser4

Snap Deploy 4 for PC (PC 向け)では、ワークステーション用オペレーティングシステムのイメージのみを展開できます。詳細については、ナレッジベースの記事「Acronis Snap Deploy 4 のライセンスポリシー」をご覧ください。

* Acronis Snap Deploy 4 では、これらのオペレーティングシステムを持つイメージを展開できますが、配置後にオペレーティングシステムの設定(マシン名や IP 設定など)を変更することはできません。

For PC
¥ 1,800

For Server
¥ 4,800

人気のリソース

異なるハードウェアへのシステム配置を実現

標準構成のイメージを同一のハードウェアに配置するのは簡単ですが、異なるハードウェアに配置する場合、重要な HAL(Hardware Abstraction Layer)や、大容量記憶装置のドライバがないためにシステムが起動できず、失敗することがあります。なお、Microsoft® システム標準ツール(Sysprep)で追加できるドライバは、プラグアンドプレイデバイス(音声、動画など)やネットワークのドライバに限られており、コンピュータの起動に必要なドライバのインポートはできないため、この問題は解決されません。

そこで、Acronis Universal Deploy を使用すると、異なるハードウェアへの配置が簡単に行えます。

Acronis Universal Deploy は、重要な HAL および大容量記憶装置のドライバを追加することによって、ハードウェアに依存しないシステム配置の効率的なソリューションとなります。この機能により、ターゲットハードウェアに合った HAL および大容量ストレージデバイスドライバを、自動または手動で選択し、異なるハードウェアに新たなシステムが適切に配置されるようになります。

ワークステーション用
¥ 3,400 から

サーバ用
¥ 13,800 から

製品資料

その他関連情報

オンラインでの購入

こちらではダウンロード版のみご購入いただけます。
ご注文確定後、電子メールで製品のダウンロード方法、プロダクトキー等をご案内します。
なお、 パッケージ版、旧バージョンからのアップグレードを希望されるお客様は販売店にお問い合わせください。

1 ライセンスの種類
2 製品の種類
3 ライセンスの種類を選択
¥ 13,800 (1 ライセンス)

コンピュータごとに個別のライセンスを購入する必要がありますが、各コンピュータに対して無制限に配置を行うことができます。同じコンピュータへの配置が定期的に発生する場合、こちらのライセンスをご購入ください。

¥ 5,800 配置あたり

1 回の配置につき 1 ライセンスが必要となりますが、お持ちのライセンス数分、任意のコンピュータに対して配置を行うことができます。

配置回数分のライセンス数をご入力ください:

¥ 3,400 回の配置)

4 アドオンを選択
¥ 4,800

Acronis Universal Deploy は、中核となる HAL および大容量記憶装置のドライバを追加することによって、ハードウェアに依存しないシステム配置を実現します。自動または手動でターゲットハードウェアに合った HAL および大容量記憶装置のドライバを選択し、異なるハードウェアに新たなシステムを適切に配置できます。

5 サポートと保守
含まれています

月曜 - 金曜の 9:00 - 18:00 の間、サポート専門スタッフによる電子メールまたは電話でのサポートサービスをご利用いただけます。また、契約期間内、既存のバージョンのアップデートと新バージョンへのアップグレードを無償で行っていただけます。アクロニスの企業・法人向け製品には、購入後 1 年間のサポートサービスが付属しています。

合計:
¥ 13,800 (1 ライセンス)

 支払画面に進む

© 2002–2014Acronis International GmbH. Acronis International GmbH. All rights reserved.